自分なりの工夫でおいしい餃子を作ろう

自分なりの工夫でおいしい餃子を作ろう

餃子は日本人に非常に人気の料理である。最近のB級グルメの流行りにのって、観光客が増えているらしい。実際、栃木の宇都宮市全体が観光誘致をしており、銅像なども立てているという。老若男女問わず、好まれている傾向にあり、自家製のものを作る家庭が多い。肉と野菜、炭水化物を同時にとることができる効率のいい料理である。なおかつおいしくできるのであれば、家族の健康と満足を同時に得ることができるので、ぜひお薦めしたい。わたしは休日に餃子作りをする。豚のひき肉を安い時にまとめて購入しておき、にらや白菜をみじん切りにしたものと、お醤油や日本酒などの調味料を適度にいれる。このとき、わたしはにらをたっぷりと入れるのがお薦めである。特に野菜不足しがちな現代社会。にらの青臭さはビタミンの塊だといってよい。このニラを油で焼くことによって、相乗効果が得られ、ビタミンを摂取しやすくするという。野菜たっぷりにして日頃の野菜不足を解消しよう。また、休日に手作りことによって、家族とのコミュニケーションを図ることができる。特にあんを皮で包む作業は、男性でも簡単にできる作業である。自分の作った料理であればきっと愛着がわくに違いない。また、皮で包んでいる作業中は、テレビを見ることもできるし、会話を楽しむことができる。餃子は食べてもおいしいが、作る家庭でも楽しめる非常に素敵な料理である。最近、家族に会話がないなと思ったら、工夫しながら会話する場所を設けるといいだろう。

新着情報

おすすめサイト

関連情報